ミセスコンサル

仕事を楽に。自分を楽に。

自己肯定感。

f:id:mrsconsul:20210324142403p:plain

こんにちは。

ミセスコンサルのえむさんです。

 

今日は

自己肯定感について

お話したいと思います。

 

昨日の記事でも触れましたが

自己肯定感というのは

自分で自分を認めること

自分を好きになることです。

 

私はわりと両親に

可愛い可愛いと育ててもらった為か

子供の頃から

容姿に悩んだ事はありません。

 

しかし容姿で弄られた経験はあります。

 

傷つき、悲しみましたが鏡を見ては

「かわいいじゃん!わかってないな!」

と斜めに傷つくナルシストでした。

 

f:id:mrsconsul:20210417105119j:plain

 

現在もコンプレックスは少なく

太っていても痩せていても

健康であれば

「今の自分、いいね〜!」と思える程

ずっと自分が大好きです。

 

しかし仕事に挫折した当時

真逆の考えになっており、

全てを否定していたように思います。

 

元々ポジティブだったことが嘘のように

自分の容姿や人生が薄く見え

家族や同僚からも勝手に敵意を感じ

 

ストレスでご飯も食べられなくなりました。

毎日出社することも出来なくなりました。

 

自己肯定感がゼロ以下になった時

外に出るのも難しくなってしまうんだと

身をもって知ることが出来ました。

 

f:id:mrsconsul:20210416164719j:plain

 

ここまで極端な浮き沈み

なかなか無いかもしれませんが

 

仕事が出来ないからって

家事が出来ないからって

存在まで否定しなくていいだろう

今はハッキリ思うのです。

 

再浮上のきっかけは

存在を否定する発言をした時。

 

主人や友人が

「二度と言わないで欲しい」

と本気で叱ってくれました。

 

「何も出来なくても傍にいて欲しい」

と想ってくれる人がいる。

 

子供達は私がどんな状態だろうが

好きでいてくれる。

それが明確に分かったのです。

 

f:id:mrsconsul:20210405140245j:plain

 

ご飯を食べたら美味しいし

晴れていたら嬉しいし

好きな動画見たら楽しいし

野良猫見たらかわいいし。

そんな小さな事を幸せだと思うことが

どんどん自分の心を癒していきました。

 

自分を認めてあげる為に

自分の良いところ普通なところ

探してみてください。

 

人生を振り返るのは

人によっては重いかもしれません。

 

それでも多くの人が

今まで過ごした年月より

これから過ごす年月の方が長い

と思います。

 

上を向いて未来を開く為に

明るく自分と向き合って

そのままの自分を認めて

愛してあげてください。

 

より幸せに日々を過ごせますように。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。